北斗の拳 将はフル攻略で勝てる

北斗の拳 将 画像(C)サミー

北斗の拳 将はAタイプの台でボーナスで出玉を増やしていきます。
1/8192の北斗揃いを引いた時は次のボーナスまで出玉を減らさずに打つことができます。

運要素の強い北斗の拳 強敵よりも安定感のあるAタイプ北斗の拳 将の方が勝てるかもと
思っていますが、あんまり人気がないようですね。
私のマイホでは2台のみの導入です。

フル攻略すれば設定1でも出玉率100%あるのが魅力です。
フル攻略というのは子役をこぼさずに、チェリーは角で取り、
ボーナスを察知したら最速で揃えることです。

私みたいに目押しがそんなに上手くなくても、北斗の拳 将はボーナス絵柄が見やすいので
それを目安に押せば、子役のこぼしはなくなります。

北斗の拳 強敵の引きに左右されることに少々疲れてしまっているので
Aタイプの北斗の拳 将をこれから打っていこうかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

北斗の拳 将 ボーナス確率・機械割

北斗の拳 将 ボーナス

設定は1256の4段階。
設定看破要素はいろいろとあるので上(5・6)か(1・2)下かは
ある程度打っていくと判断ができると思います。
店としては逆に扱いにくい台といえるでしょうね。

フル攻略の場合ですと、設定1でも出玉率が100%を超えるので、
ある程度勝負になるかもですね。

フル攻略で出玉率100%を超えるというのは懐かしいです。
大昔クランキーコンドルという台があって、
リプレイ外しという攻略法で設定1でも出玉率が100%を超えてました。

コンドル絵柄を2コマの範囲で押せばリプレイが外れて
ボーナスゲームを引き伸ばすことができ、1ビッグで400枚超えの出玉がありました。

目押しの苦手な私でも2コマの余裕があればリプレイはずしはできたので、
楽しくプレイできていましたね。

って全然関係ない話でした^^;

関係ないついでにクランキーコンドルですが、
毎プレイ目押しが必要で左リール上段に青7を狙い、
中リールはスイカ付きの青7を上段に狙います。
この時、スイカがテンパイすれば右リールにスイカを狙います。

ボーナス中も常に目押しが必要だったので、今思えばしんどい事してましたね。
それから考えると今の5号機は目押しをする機会が少なくなりました。
北斗の拳 強敵なんてかってにボーナスが揃ってくれるんですから。

ってまたまた脱線してしまいました^^;

北斗の拳 将 フル攻略とは

北斗の拳 将はフル攻略をすれば出玉率が100%を超えます。
理論上では負けないということです。

では、フル攻略とはなんぞやってことですね。
・通常時の子役を取りこぼさない
・中段チェリー(2枚)はカドにビタ押しして4枚で取る
・ボーナス当選をすばやく察知して、2ゲーム以内で揃える
・ビッグボーナスは必ず311枚取る

実際には完全フル攻略は無理だとしても、
上記の事を意識しながら打つことで少しでも勝率が上がればいいと思います。

北斗の拳 将 設定推測要素

・異色ビッグ(赤青北斗)に設定差があります。
設定1・2が1/16384で設定5が1/3277設定6が1/1638。
なので1回でも異色ビッグが出れば設定5・6の可能性大です。

・子役に設定差があります。
北斗の拳 将 子役
サンプルを集めすいのがベルですが、
マイスロを使えば子役をカウントしてくれるので便利です。

・ビッグ入賞時のオーラ
基本的には当選役とリンクしているのですが矛盾すれば高設定。
レインボーオーラは設定2以上確定。

・ビッグ終了画面右下のサミートロフィー
銅で設定2以上、キリンで設定5以上、レインボーで設定6確定

・レギュラー中のキャラ
モヒカン設定2以上確定、ジャギ設定5以上確定、アミバ設定6確定。

さいごに

フル攻略をすれば出玉率100%超えの北斗の拳 将。
じっくりと打ってみたいですね。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加