FNS27時間テレビが面白くなさすぎ 無理かも

009e4a1ba434bd85e40569700c6e02ae_s

毎年恒例のFNS27時間テレビ。
今年は「にほんのれきし」一点にテーマをしぼってます。

れきしに興味がないわけではないのですが、
これを27時間テレビでやる意味というのが
全然分からないです。

れきしに興味がある人や好きな人には
もしかしたら堪らない内容なのかもしれませんが、
例年のどんちゃん騒ぎしている27時間テレビを
期待して観た、私のような人には
全然面白くありません。

多分、これ以上は観るのは無理なので、
リタイヤさせていただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

27時間テレビ ほとんど収録で生はなし

3c4957c076176fb6138b3cbd7e8c70ab_s

今年の27時間テレビの大きな特長が
ほとんど収録で、生はないというところです。

生ならではのハプニングに期待してしまう
それが27時間テレビのウリの一つでもあったはず。
収録なら普段の番組でやればいいと思ってしまいます。

何故、今年はこんな形になったのかというと、
どうやら、予算がないということが分かりました。

生でやろうとすると多くの人をスタジオなり、
地方のロケ地に呼ばないといけません。
その予算がないということで、
今年はかなり地味な「にほんのれきし」という
テーマになったんですね。

昨年の視聴率は7.7%で歴代最低だったようです。
今年はそれだけの視聴率が取れるかどうかは
かなり疑問だと思います。

もし、今年それ以下の視聴率だったのなら、
来年はもうやらないかもしれませんね。

やるなら27時間テレビの原点に戻って
元気のある放送をやってもらいたいと思います。

さいごに

夜中にお笑い向上委員会が生であったみたいですね。
爆笑問題の太田さんがまた出てきて、
滑りまくっていたようです。
サンジャポの司会は普通にこなしているのに、
お笑い向上委員会では完全に滑りまくってしまうのは
一体何故なのでしょうね。

さんまが何故お笑い向上委員会に太田を呼ぶのか?
これが最大の謎です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加