お中元の時期はいつ?

a55579b38156b59ecf8464ea0c6b1a12_s

お世話になった人に贈るお中元ですが、
東日本と西日本では贈る時期が違います。

東日本は7月初旬~7月15日。
西日本は7月下旬~8月15日。

西日本の人が関東の人へお中元を贈る時は
時期を外さないように気をつけてくださいね。

お中元のマナー

お中元は日頃お世話になっている人に贈ります。
両親・親戚・兄弟・会社の上司など。

お中元を渡す時は手渡しが一番ですが、
贈る相手が遠方の場合は配送してもらうことになります。
その時には、挨拶状を同封することで感謝の気持ちを伝えます。

挨拶状を同梱することができない時は先に手紙で伝えておくのもいいですね。
特に生物を贈る場合に先方が数日留守で受け取れないと
せっかくのお中元が無駄になってしまいますから。

贈り先が喪中の場合
祝い事ではないので、お中元を贈るのは失礼にはなりません。
ただし、四十九日が過ぎてない時は時期をずらした方がいいですね。

お中元でもらって嬉しい物

何を贈れば喜んでもらえるでしょうか?
もらって嬉しいものと贈りたいものは微妙に違います。

ランキングを紹介します。

1位 商品券・カタログギフト
2位 ビール
3位 ハム・ソーセージ
4位 お菓子・デザート
5位 お茶・コーヒー
6位 ジュース類
7位 産地直送の野菜やフルーツ
8位 産地直送の魚介類
9位 日本酒・地酒
10位 ワイン

お中元の金額は?

お中元の1つあたりの金額は
一番多いのが3,000円~4,000円
次が4,000円~5,000円
3位が5,000円~8,000円

お中元の金額ですが、相手によって変わってきます。
極端に高い物や、量が多すぎるものなども
先方に気を遣わせるので、注意しましょう。

まとめ

お中元、何を贈れば喜ばれるのかは意外と難しいものですね。
自らの感謝の気持ちが伝わるのが本来の意味があります。

酒を飲まない人にお酒を贈っても喜んでもらえません。
自分が好きなものを贈るのではなく、相手が喜ぶものを贈ることが大切です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク