3.26 ダイヤ改正 JR西日本

954de22d446315e9db3bb8e25191191a_s

3.26にJR西日本のダイヤ改正が行われます。

北陸新幹線
・「はくたか」の一部列車の所要時間短縮

在来線特急
・特急「サンダーバード」の増発等により、北陸方面へのビジネスや観光が便利に
・特急「はるか」の増発等により関西空港とのアクセスが充実
・特急「はまかぜ」での観光がより便利に
・特急「くろしお」がより便利に

近畿エリア
・JR神戸線に「摩耶駅」・「東姫路駅」が開業
・JR京都線・JR神戸線のダイヤをリニューアル
・大阪環状線を中心に土休日の朝のお出かけが便利に
・関西空港とのアクセスが充実
・近畿圏ICOCAエリアを拡大

北陸新幹線

「はくたか」の一部列車の所要時間を短縮します。

昼間時間帯の一部「はくたか」の東京から金沢への所要時間を短縮します。
また、東京駅の発車時刻を統一することにより、わかりやすダイヤになります。
これにより首都圏から北陸エリアへの利用がさらに便利になります。

在来線特急

特急「サンダーバード」を1往復増発します。

・早朝と夕時間帯に特急「サンダーバード」を増発!

大阪駅を6時30分に発車する金沢行きの特急「サンダーバード」を増発します。
これにより、金沢駅に現在の始発よりも約30分早く到着することができ、
さらには金沢駅で北陸新幹線「はくたか」にも接続し、大阪方面から富山、長野、信州エリアへも
早く到着することができます。

・北陸エリアでの滞在時間が拡大します。

夕時間帯にも大阪行きの特急「サンダーバード」を増発し、1日24往復になります。
加えて最終大阪行きの特急「サンダーバード」の時間を繰り下げることで、
北陸方面での滞在時間を拡大するなど、関西圏から北陸方面へのビジネスや観光が便利になります。

近畿エリア

JR神戸線

・新駅開業
3.26に「摩耶駅」と「東姫路駅」が開業します。
JR神戸線の六甲道~灘駅間に「摩耶駅」が
御着駅~「姫路駅」間に「東姫路駅」が、それぞれ開業します。

JR京都線、JR神戸線のダイヤをリニューアル

昼間時間帯に1時間あたり8本運転している新快速と快速は大阪駅から
どちらに乗車しても高槻駅、三ノ宮駅まで先に到着することができますが、
大阪駅での運転間隔を均等化(7・8分間隔)することで、待ち時間が短縮し、
高槻及び三ノ宮方面への利用がさらに便利になります。
また、普通の運転間隔も均等化(7・8分間隔)することで、
大阪駅から普通の利用も便利になります。

JR京都線

高槻駅に新しいホームができます。

高槻駅の京都方面・大阪方面それぞれに新しいホームが完成し、
一部の特急「はるか」と新快速(一部をのぞく)が停車します。
また、新ホームには安全対策として昇降式ホーム柵を設置し、
安全性の向上を図ります。
なお新快速と快速・普通を乗り換える際には、異なるホームでの乗り換えとなります。
詳しくは、駅や車内の案内放送や案内表示で確認してください。

近畿圏ICOCAエリアを拡大します

姫新線(播磨高岡駅~播磨新宮駅)、播但線(京口駅~寺前駅)、
加古川線(日岡駅~西脇市駅)の各駅でICOCAをはじめとしたICカードが利用できるようになります。

姫路駅に姫新線・播但線ののりかえ改札機を設置します。
姫路駅改札内の1~4番のりば(姫新線・播但線ホーム)と
5・6番のりば(山陽線ホーム)の間にのりかえ改札機を設置します。

姫新線・播但線からの方、これから姫新線・播但線を利用する方は
のりかえ改札機にて姫路駅までの運賃を確認して、金額が不足している場合
乗り越し精算もしくは入金(チャージ)する必要があります。

その他の詳しいことはJRのおでかけネットで検索してください。


関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク