ウォーターサーバー 冷たい水と熱いお湯が出てくる秘密

e7395d8afd02bef7e6551702b672899a_s

ほしい時にいつでも冷たい水と熱いお湯が出てくるのが
ウォーターサーバーです。

めちゃくちゃ便利なのですが、
一体どんな仕組みになっているのでしょう。

私はタンクの水が一瞬で冷えたり、熱くなったり
するのだとばかり思っていたのですが、違いました。

ウォーターサーバーの仕組みを超簡単に解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウォーターサーバーの仕組みを超簡単に説明

d01607423679468e42a45536a6caf20a_s

瞬時に冷たい水や熱いお湯が出てくるウォーターサーバー。
とても便利ですね。
私の会社にも設置してあって、毎日お世話になっています。

ずっと疑問に思っていたのですが、
タンクの水が何故、一瞬で冷たい水や熱いお湯になって
出て来るのでしょう?

仕組みが分かれば簡単でした。

タンクの水を一旦別のタンクで冷やしたり
温めたりしているのです。

簡単にいうと冷水用のポットと熱湯用のポットの2つがあり、
そこで冷水やお湯の温度を保っているということです。

なので、上に見えているタンクの水が一瞬で冷えたり、熱くなったりするのでは
ありません。

謎が解ければ実に簡単なことでしたね。^^;
どんな凄い技術を使っているのかと思っていたのですが、
実に単純な事でした。

さいごに

それにしてもウォーターサーバー、便利です。
家にもほしいと思ってしまいました。

でも電気代やら水代やらいろいろとかかりそうです。
そんなに負担にならないのなら、設置してみたいです。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加