ルイボスティー お腹がゆるくなる?

66622aeb2e0218860fe03352129f6cb7_s

ルイボスティーは健康茶として注目されています。
アンチエイジング・美肌・むくみ・ダイエットなど
嬉しい効果や効能があると言われています。

ルイボスティーは健康に良さそうなのですが、私の場合はお腹がゆるくなったような気がします。
ルイボスティーにはそんな作用があるのか調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルイボスティーを飲むとお腹がゆるくなる?

ルイボスティーは美容や健康にいいと言われています。
便秘解消も期待できるそうなので、お腹がゆるくなるのはその影響かも。
一般的に下痢になるのは腸内環境のバランスが崩れた時に
身体が冷えた場合です。

ルイボスティーにはマグネシウムが含まれていて
それの過剰摂取が下痢の原因になりますので、
ルイボスティーを飲んで下痢になるのは飲み過ぎだということです。

1日にコップ3杯くらいが適度な摂取量と言われていますが、
下痢などの問題があれば1杯程度にした方がいいですね。

ルイボスティーに含まれている身体にいい成分

健康茶として話題のルイボスティーですが、
一体どんな成分が含まれているのか興味あったので調べてみました。

マグネシウム、カリウム、ビタミンC、ビタミンB1・B2、カルシウム、ナトリウム、亜鉛
SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)、フラボノイド、鉄分、ポリフェノール、ピニトール
いろいろな成分が入っていますね。
主な効果や効能としては
むくみ・冷え、ダイエット、安眠効果、貧血、生理痛、便秘・下痢
加齢臭・体臭、花粉症、糖尿病、痛風
などが言われています。

私的にはダイエット効果があり便秘や下痢などが改善されて
毎日スッキリできるというのが嬉しいですね。

ルイボスティーは水出しで美味しく作る

健康に良いルイボスティーですが、煮出して作るのが一般的なのですが、
水出しでも美味しく作ることができます。

水出しで作る方が渋みが抑えられて美味しく飲むことができます。
作り方はとても簡単、水出し用ルイボスティーのパック入れた容器に水をいれて冷蔵庫で冷やすだけです。

煮出しで作ると抗酸化作用が高いお茶になりますが、ビタミン成分が熱でなくなってしまいます。
水出しだとビタミンが壊されないので、ビタミンたっぷりのルイボスティーができあがります。

我が家でも水出しで作っています。
何より簡単に美味しくできるのがいいですね。

さいごに

ルイボスティーを飲んでお腹がゆるくなるのは飲む量を調節することで
解決できそうです。

ルイボスティーは腸内環境がよくなり、便秘や下痢が改善できる効果が期待できるというのが嬉しいですね。

ノンカフェインなので、子どもも安心して飲むことができます。
毎日の健康の暮らしにルイボスティーは欠かせないお茶になりそうです。


関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加