はじめてのフルマラソン 走り方

99eb05c29931d3e65447e7896e2ba281_s

はじめてのフルマラソン、できるなら笑顔で完走したいですよね。
事前の準備も万全で体調も良しなら、必ずフルマラソンは完走できます。

周りのペースに流されずに練習通りの自分のペースで走ることが大切です。
初めから最後までイーブンペースで走るのはまず無理で、
中盤から終盤にかけては必ずペースが落ちてきますが、気にしないことです。

ネットや雑誌などではフルマラソン完走方法の情報が溢れています。
参考になる記事もたくさんありますが、情報過多で迷うくらいならば
普段の練習のペースで走ることに専念するだけでOKです。

ランナーズやTarzanなどの雑誌では
よくフルマラソン攻略法が特集されていますが、
それを参考にして失敗した経験もあります。

もう一度いいますが、普段の練習のペースで走ることが
フルマラソン完走の王道だと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめてのフルマラソン レースのペース

何の練習もしないでいきなりフルマラソンに挑戦する人は
あまりいないと思います。

フルマラソン完走を目指してそれぞれ練習してきたことだと思います。
でもはじめてのフルマラソンだとどんなペースで走ればいいのか
分からずに周りのペースに流されて走ってしまいがちです。

それでは最後まで笑顔で完走できない可能性があります。
あくまでこれまで自分がやってきた練習のペースで走ることを心がけてください。

マラソン大会にはペースメーカーさんがいますね。
5時間、6時間とか、それを利用するのもひとつの手ではありますが、
おすすめはしません。
何故ならペースメーカーさんは最初から最後までイーブンペースで走るからです。
はじめてのフルマラソンだと、中盤から終盤にはかならずペースダウンしてしまい、
目標のタイムではゴールできません。

練習の時に走っているペースで走る、これに尽きますね。

給水所では歩く

大きなマラソン大会ほど、給水所が充実していて短い区間に設置してあります。
早いランナーだと走りながらコップを取って飲みながら走っていきますが、
フルマラソン大会はじめてのあなたは手前から歩いてコップを取って
歩きながら給水やら給食をしてから、再スタートしてください。

その際、ストレッチもして脚が固まってしまうのをあらかじめ防いでください。
足が固まってからストレッチをしてもなかなかほぐれないです。

歩きながらの給水やストレッチのロスタイムは大したことはないです。
筋肉が固くなってしまって、走れなくなる前にマメにストレッチをするようにしてください。

エネルギーが切れてしまってからでは遅いので、
自前のエナジーゼリーなどを携帯しているのでしたら、
まだ元気なうちに摂取した方がいいですね。

エネルギー切れは何故か前触れなく突然やってきます。
そうなってしまうと、走るのが辛くなってしまいなかなか進みません。
普段軽く走っている距離がとてつもなく、遠く感じてしまいます。

マメなストレッチとエネルギー補給は必ずです。
元気なうちにです。

ラストは全力でOK

40キロを過ぎたらもうゴールは目前。
ここまできたら大丈夫です。
最後の力を使いきるつもりで何も考えずにただただゴールを目指してください。
全力で走れるのなら走ってくださいね。

感動のゴールが待っています。

さいごに

はじめてフルマラソンを走るのなら、やはり完走したいです。
笑顔でゴールして、感動を楽しみたいですね。


関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加