2020東京オリンピックの開催日は?

Web

リオオリンピックでは日本のメダルラッシュに湧きましたが
4年後の次回はいよいよ東京オリンピック。
この勢いでさらにメダルを奪取したいところです。

東京オリンピックの開催日を再確認してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020東京オリンピック 開催概要

正式名称第32回オリンピック競技大会(2020/東京)
開催期間2020年7月24日(金)~8月9日(日)
競技数33競技

33競技の開催が予定されていますが、新たに追加されたのが野球、ソフトボール、空手、スケートボード、
スポーツクライミング、サーフィンの5競技18種目です。

日本得意の野球やソフトボールが追加されたのは嬉しいですが、
個人的には空手が初のオリンピック競技になった事が興味あります。

試合のルールをどうするのでしょうね。
空手には寸止め、防具使用、グローブ使用、顔面なしのフルコンタクトなど様々なルールがあります。
ルールによって戦い方が変わってきますので、これからの動向が気になります。

東京オリンピックを7月に開催する理由

2020年の東京オリンピック、何故にクソ暑い7月に開催するのか?
涼しい秋に開催すればいいのでは?

開催時期は東京に誘致が決まる前にすでにIOCにより決まっていたそうです。
その理由は欧米の五輪放送を増やして巨額の放送権料を得るため。
IOCは欧米のテレビ局の放送権料によって成り立っている組織。
なので、欧米で人気のプロスポーツが開催されていない7月~8月に開催することになっているみたいです。

世界の人はこの時期の東京の酷暑を知っているのでしょうか?
屋外競技の選手にとって五輪史上最も過酷な大会になると言われています。

地元の日本人選手もこの酷暑の中ではパフォーマンスが発揮できない懸念が浮かびます。
特にマラソンは炎天下の35度前後の気温の中で走るなんてあり得ないので、
スタート時間で調整することになるのでしょうか?(早朝5時スタートなど)

とにかく東京オリンピックは酷暑との戦いになるのは間違いないですね。
観る方も暑さ対策を万全にしなくては・・・。

東京オリンピック 33競技

・水泳
・アーチェリー
・陸上競技
・バドミントン
・野球/ソフトボール(NEW)
・バスケットボール
・ボクシング
・カヌー
・自転車競技
・馬術
・フェンシング
・サッカー
・ゴルフ
・体操
・ハンドボール
・ホッケー
・柔道
・空手(NEW)
・近代五種
・ボート
・7人制ラグビー
・セーリング
・射撃
・スケートボード(NEW)
・スポーツクライミング(NEW)
・サーフィン(NEW)
・卓球
・テコンドー
・テニス
・トライアスロン
・バレーボール
・ウエイドリフティング
・レスリング

さいごに

4年後の東京オリンピック楽しみですね。
実際に目の前で迫力ある戦いを是非観戦したいと思います。


関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加