花粉症との上手なつきあい方

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

花粉症は一度なってしまうと長い付き合いになります。
うまく付き合っていく方法、症状や効果があるされる対策方法などを紹介します。

花粉症と風邪の見分け方

花粉症と風邪、症状が良く似ているので
どちらか分からない時があります。

花粉症の主な症状
・くしゃみが連続で出る
・鼻水が出る
・鼻詰まりがする
・目がかゆくなる
・涙が止まらない
・目が充血する
・ボーッとして思考力がなくなる
・頭痛がする

風邪と花粉症の症状の違い
・高熱は出ない。
・頭痛はあるが、関節痛などひどくはならない
・くしゃみや鼻水、せきが出るがのどの痛みは少ない

花粉症と似た症状
・アレルギー鼻炎 ダニなどのハウスダストが原因
・血管運動性鼻炎 気温差や、湿度の差で起こりやすい

花粉症のつらい朝を防ぐ方法

朝起きてすぐにくしゃみ連発。
俗にいうモーニングアタックに悩まされている人も多いと思います。

モーニングアタックの原因は2つ考えられます。
一つは自律神経のバランスがうまくとれていないこと。
起きてすぐは副交感神経が優位にあるので、
くしゃみや鼻水などの症状をうまくコントロールできないためです。

もうひとつの原因は
寝ている時や起きて直ぐの花粉の吸い込みです。
目が覚めて起きる時に、布団や床の花粉を吸い込んでしまうためです。

モーニングアタックの対策方法
・布団を外に干すと花粉が付着してしまうので、布団乾燥機を使用する。
・夜に入浴をする
風呂に入ることにより、体の花粉を洗い流すことができます。
・就寝前に花粉症の薬を服用することで朝起きても効き目が続いている状態にする
・空気清浄機の使用

花粉症に効果的なのは?

・ヨーグルトを食べる
科学的な裏付けは証明されていませんが、効果があるという人も多いです。

・甜茶やサプリメント
自分の体質に合えば症状が軽減されることがあります。
速攻性はないので続けて飲むことが大事です。

・乾布摩擦
皮膚を鍛えることで粘膜が強化されると考えられます。
しかし、皮膚の弱い人にはおすすめできません。

・青魚などに含まれているEPAやDHAを摂取する。
ただし、偏った食事にならないようまんべんなく様々なものを食べることが大事です。

・ストレスをためないようにする
花粉症などのアレルギーの病気はストレスにより、症状が悪化します。
体調や心の状態に気を配りましょう。

・禁煙、禁酒
たばこの煙により鼻の粘膜が刺激され過敏に反応してしまいます。
アルコールは毛細血管を拡張させるので鼻炎がひどくなります。

さいごに

つらい花粉症、うまく付き合って快適に過ごせるようにしたいですね。


関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク