しあわせバナナクレープを食べて幸せに

バナナクレープ2

ヤマザキのまるごとバナナってありますよね。
スポンジケーキにバナナがまるごと巻いてあるケーキです。

それと双璧をなすのがドンレミーのしあわせバナナクレープです。
こちらは薄いクレープでバナナを巻いてあります。
ホイップクリームもしっかりと入っていて、
ほどよい甘さで本当に食べやすいです。

まるごとバナナもいいけど、
このしあわせバナナクレープもかなりいいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しあわせバナナクレープ 感想

パッケージにはロングセラーNo.1って書いてあります。
私は知らなかったのですが、ロングセラーというくらいなので、
随分昔から販売されていたようです。

ホイップクリームにマダガスカル産バニラビーンズ使用の文字も。
バニラビーンズは産地によって香りが違ってきます。
マダガスカル産は素材の風味を邪魔することなく、バニラの香り付けができるとのことです。
バナナクレープ1

では食べた感想です。
うん、普通に美味しいです。

クレープ生地で包んであるので、まるごとバナナのような
ボリューム感はありませんが、その分バナナをダイレクトに感じることができます。

そしてホイップクリームが丁度いい甘さで、美味しいです。

まるごとバナナはちょいと重いと感じる時がありますが、
このしあわせバナナクレープは丁度いいですね。

価格はまるごとバナナが188円で、
しあわせバナナクレープが220円なので、
若干ですが、しあわせバナナクレープの方が高いです。

どちらも甲乙つけ難いところですが、
食べやすさではしあわせバナナクレープかなという感じです。

がっつりといきたい時にはまるごとバナナをチョイスすればいいかもです。

ドンレミー 商品情報

ドンレミーさんはいろいろな美味しそうなスイーツを発売しています。
今回は新商品を紹介します。

・ごちそう果実苺ミルフィーユ
カップケーキ仕立ての苺ミルフィーユ

・ごちそう果実いよかんとマンゴー
旬のいよかんとマンゴーを組み合わせた爽やかデザート

・フルーツトライアル
カスタードムースと苺ゼリー、果実のケーキ

・チョココーヒーパフェ
ミルク珈琲プリンとほろにが珈琲ゼリー

・マンハッタンショコラ
食感と濃厚さにこだわったスタイリッシュなチョコケーキ

・プリンシフォン
ふわふわのシフォン生地にカスタードムースを絞り入れ、ホイップクリームをトッピングし、
ほろ苦いカラメルソースをかけました

・苺のタルト&レアチーズケーキ
しっかり食べ応えのある食感に変わったレアチーズケーキと
ダイスにカットした苺を散らして焼き上げたタルト

・生チョコタルト&NYチーズケーキ
ココアタルトにガトーショコラ生地を重ねて焼き上げ、
生チョコ生地を絞ったタルトと濃厚ベイクドチーズケーキ

しあわせバナナクレープ カロリー

美味しいしあわせバナナクレープですが、
気になるカロリーは385kcalです。

この手のスイーツとしては普通ではないでしょうか。

ちなみにですが、ライバルのまるごとバナナのカロリーは
431kcalとかなりの高カロリーです。

カロリーを気にするのもいいのですが、
好きなもの、美味しいものを食べるというのがそれこそしあわせだと思います。

このしあわせバナナクレープ、いいネーミングではないですか。
食べてしあわせになりましょう。

さいごに

しあわせバナナクレープはいつ食べたらいいのでしょうか?

結論からいいますと、寝る前以外ならいつでも。
寝る前に食べるのだけは止めた方がいいです。

寝ている時にはやはりカロリーは消費しにくいので、
そのまま脂肪として蓄積してしまいます。

ということでしあわせバナナクレープは日中に食べるといいということです。


関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加