袋麺(インスタントラーメン)のスープの入れ方

2ae44272e03a252e3e7b117ac9d8a75e_s

袋麺が好きでよく食べています。
そこで最近悩んでいるのが、スープの入れ方。

昔からずっと麺が茹で上がったら鍋の火を止めて
そこにスープを入れてかき混ぜていました。
実際、袋の裏にもそのように書いてあります。

ところが、最近の袋麺の一部では
スープを先に丼に入れておいて
そこにお湯を入れてよくかき混ぜてから
麺を入れると説明されているものがあります。

はたしてどちらのやり方がいいのでしょうか?
そしてその2通りのスープの入れ方の違いで
ラーメンの味が違ってくるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

袋麺のスープの入れ方

袋麺のスープ。
茹で上がった鍋に入れる方法と
あらかじめ丼にスープを入れておいて
麺を茹でたお湯でスープをかき混ぜる方法があります。

結論ですが、味に違いはありません。

が、

丼にスープを入れておくやり方の方が
お湯の量を調節できるメリットがあります。

濃いめにしたかったり薄くしたかったり、
丼に入れるお湯を調節することでできます。

鍋にスープを直接入れる方法だと
最初のお湯の量をキチンと計っておく必要があります。

これとて慣れてしまえば、どうってことはないのですが・・・。

一応、袋麺毎に指示があるので
それに従えばいいとは思うのですが、
私は丼にスープを入れておく方法で
やってみたいと思います。

さいごに

袋麺、一番好きなのはサッポロ一番シリーズです。
味噌、塩、醤油のトリオは絶大に好きです。

カレーやら豚骨味なども出てますが、
上記の3つにはかないませんね。

あとはマルちゃん正麺か日清のラ王など、
本物のラーメンに近づけているものもありますが、
私的には袋麺はサッポロ一番です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加