餃子の王将の餃子 生をおいしく焼く方法

王将2

王将の餃子、たまに無性に食べたくなります。

会社の帰り道の王将では月2回餃子デーがあるんです。
普段1人前220円の餃子(生)が50円引きの170円で買えるので
餃子デーの時はよく買って帰ります。

ついこの前も生餃子を買ってきました。
家のホットプレートで焼くのですが、
お店で食べるのと変わらない焼き餃子ができます。

作り方は箱に書いてありますので、その通りに焼きます。
コツは最後にごま油をほんの少し垂らすことです。
これで味がワンランクアップします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

王将の餃子を家でおいしく焼く方法

王将8

焼き方は餃子に入っている箱に書いてありますので、
その通りに焼きます。
王将7

12個で2人前です。
生餃子のおいしい焼き方です。
1.ホットプレートを200°以上に設定して温まったら、油をうすく引きます。

王将6
2.生餃子を間隔を開けて並べ、1/2カップのお湯を注ぎ、蓋をします。

王将5
3.火加減は中火で、水気がなくなるまで一気に蒸し焼きにします。

王将4
4.焼き色がきつね色になれば出来上がりです。
王将2

いい塩梅に焼けました。
付属のタレに付けていただきます。
王将1
相変わらず美味しいですね。
お店で焼いてもらってテイクアウトしてもいいのですが、
家で焼く方が絶対に美味しく食べることができます。

王将には2種類の店がある

王将の餃子と単純にいいますが、
実は王将にはことなる2つの店があります。

京都王将と大阪王将です。
もともとは王将というひとつのお店だったのですが
喧嘩別れをして王将を飛び出したのが大阪王将です。

関西では普通に王将というと京都王将のことで、
大阪王将は大阪王将と言い分けてます。

京都王将と大阪王将の餃子に味の違いはあるの?
とぢらの餃子も美味しいのですが、
私的には京都王将の餃子の方が馴染みがあって美味しいですね。

まぁ、これは個人の好みの問題ですけどね。

さいごに

餃子を家で手作りしている人を尊敬します。
具材を細かく刻むだけでも大変なのに、
さらに皮に上手く包んで、焼くんですよ。

手間がかかりすぎです。

餃子は売ってるのを買うのがいいです。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加