ダイショー 牡蠣鍋スープ 感想

%e7%89%a1%e8%a0%a3%e9%8d%8b%e8%a2%8b%e8%a1%a8

冬の味覚の王者の一つが牡蠣。
プリプリの食感コクと深みある味がたまりませんね。

牡蠣料理はいろいろあります。
焼き牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣鍋、牡蠣グラタンなどなど、
どれも牡蠣の魅力を引き出してくれる料理です。
%e7%89%a1%e8%a0%a3%e9%8d%8b%e5%85%b7%e6%9d%90%e5%85%a8%e9%83%a8
今回はダイショー 牡蠣鍋スープを使いました。
甘辛味噌と相性抜群の牡蠣。

美味しくいただきました。
牡蠣鍋のしめにはうどんです。
味噌煮込みうどん風になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイショー 牡蠣鍋スープ 感想

牡蠣鍋ですが、ダイショーの「鮮魚亭 かき鍋スープ」を使いました。
甘みと辛味が混ざった赤だし味噌がベースのつゆです。
%e7%89%a1%e8%a0%a3%e9%8d%8b%e5%85%b7%e6%9d%90
具材
白菜、菊菜、焼き豆腐、しいたけ、牡蠣、うどん、ごはん
%e7%89%a1%e8%a0%a3%e9%8d%8b%e5%85%b7%e6%9d%90%e3%81%ae%e7%89%a1%e8%a0%a3

作り方

%e7%89%a1%e8%a0%a3%e9%8d%8b%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97
1.鍋にスープを入れて温めます。

%e7%89%a1%e8%a0%a3%e9%8d%8b%e3%81%8b%e3%81%8d
2.温まったらまずは牡蠣を投入。

%e7%89%a1%e8%a0%a3%e9%8d%8b8
3.続いてしいたけ、白菜、焼き豆腐を投入。

%e7%89%a1%e8%a0%a3%e9%8d%8b%e8%8f%8a%e8%8f%9c
4.ひと煮立ちしたら、菊菜を入れて出来上がりです。
%e7%89%a1%e8%a0%a3%e9%8d%8b6
赤味噌で少し辛めに感じますが、この辛さが良しです。
牡蠣と本当によく合いますね。
%e7%89%a1%e8%a0%a3%e9%8d%8b4
しめはうどんです。

%e7%89%a1%e8%a0%a3%e9%8d%8b3
卵2個を溶き入れて味噌煮込みうどん風に仕上げます。
卵のまろやかさと味噌がよくマッチして美味いです。
%e7%89%a1%e8%a0%a3%e9%8d%8b5

少しつゆが残ったので雑炊に。

%e7%89%a1%e8%a0%a3%e9%8d%8b2
見た目はよくないのですが、これまた美味しいです。

%e7%89%a1%e8%a0%a3%e9%8d%8b

牡蠣は本当に美味しいです。
次回はクリーム系で牡蠣鍋をしようと計画中です。

ダイショー 鮮魚亭 かき鍋スープ 概要

本枯鰹節の風味・本みりんの甘みを効かせ、
程よい辛みをつけた赤だし味噌仕立ての鍋スープです。

原材料名
みそ、しょうゆ、しょうゆもろみ、大豆油、本みりん、
にぼしエキス、香味食用油、かつおぶし、酵母エキス、
赤唐辛子、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタン)、
甘味料(スクラロース)

内容量:750g

栄養成分100gあたり
エネルギー
39kcal
たんぱく質
2.5g
脂質
1.7g
炭水化物
3.3g
ナトリウム
1100mg
食塩相当量
2.8g

価格 254円

さいごに

今回は牡蠣の味噌鍋でした。
牡蠣と味噌の相性の良さを再確認しました。

冬は美味しい食材が多くあるので、
どの鍋にするか迷ってしまいますね。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加