ドラム式洗濯機 特長とメリット&デメリット

washing-machine-943365_1920

洗濯から乾燥まで全自動でできるドラム式洗濯機の需要が伸びていますね。
雨などの天候を気にすることなく、洗濯物が乾くので人気になっています。
でも、気になることもあります。
電気代がかかるのでは?
乾燥の時間はどれくらい?
ちゃんと乾燥できる?などなど。
ドラム式洗濯機の特長、メリット&デメリットを解説していきます。

ドラム式洗濯機の特長

洗濯と乾燥が一気にできるいわゆるドラム式洗濯機の人気が伸びてきています。
斜めや真横のドラムが回転して洗濯するたたき洗いと呼ばれる方式。

泡が出にくいので洗浄力が弱いとされてきましたが、
最新のモデルでは改良されてきて、洗浄力もほぼ問題ないレベルになっています。
節水性能も縦型と比べると優れていますね。

一番の特長は乾燥です。
衣類が回転しているドラムにより、上から下に落ちるので
空気に触れやすく、乾燥しやすい特長があります。

メーカーの人に聞いたのですが、
ドラム式の価格のほとんどは乾燥機能のためだそうです。
それくらい各社とも乾燥に力を入れています。

お家で洗濯から乾燥までできるドラム式はとても便利ですね。

ドラム式洗濯機のメリット&デメリット

ドラム式洗濯機のメリットは?

・少ない水で洗うので節水効果が優れている
・乾燥機能が優れている。
これが一番のメリットですね。
・乾燥までしてくれるので洗濯を干す必要がない。
・タオルなどがふんわりと仕上がって気持ちいい。

ドラム式のデメリットは?
・洗浄力が縦型より劣る。
・乾燥に時間がかかる。
・衣類が縮んだりシワになる。
・タオル等はすぐに痛んでしまう。
・扉のロックがかかってしまうと中の洗濯物が取り出せなくなってしまう。
・大きい。
・糸くず取りなどのメンテナンスをマメにしないといけない。

メリットとデメリットあるけど、
PM2.5や花粉症などで外干しできないお宅には
乾燥機能が優れているドラム式洗濯機は良さそうです。

ドラム式洗濯機は買い?

さて、ドラム式洗濯機は買いなのか?ですが、
それぞれの家の事情により変わってきます。

洗濯干しはしないというなら、ドラム式洗濯は買いです。
洗濯から乾燥まで一気にできてとても便利です。
普段は外干しで、雨などの緊急時だけ乾燥機能を使うという人も買いです。

洗濯は外干しする方は買わなくてもいいと思います。
洗浄力に優れていて、価格もドラム式よりも安い縦型でいいと思います。

洗濯機は毎日使用するし、一度購入すると10年は使うものなので、
じっくりと考えて機種の選択をしたいですね。


関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です