定番 スパゲッティミートソース 市販のソースで十分美味しい

IMG_3086

今ではスパゲッティもしくはパスタといえば
いろいろな種類がありますが、
私が昔の頃はスパゲッティといえば
ナポリタンとミートソースしか知りませんでした。

今日は定番に美味しいスパゲッティミートソースについて
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単 スパゲッティミートソースの作り方

スパゲッティミートソースは
茹でたパスタに市販のミートソースをかけるだけ。

たったそれだけです。
これで十分なんです。
いや、これしかないともいえます。

こんな簡単でしかも美味しい料理はなかなかないのでは?

後はパスタ選びと市販のミートソース選びだけで
味が決まりますので、ここはこだわっていきたいです。

パスタ選び 1.7mmがベスト

パスタはいろいろな太さのものがあります。
ソースによって選んでいくのですが、
どれにするか迷ったら1.7mmにしてください。
これがベストです。

・カッペリーニ
0.9mm~1.3mm
細いです。冷製パスタに合います。

・フェリーニ
1.4mm~1.5mm
軽めのソースや冷製パスタに合います。

・スパゲッティーニ
1.6mm~1.7mm
迷ったらコレ。どんなソースにも合いますが
トマトソース系や和風ソースなどと一番相性がいいです。

・スパゲッティ
1.8mm~1.9mm
もっちりとした食感で
これもミートソースに合います。

パスタのゆで方

パスタで一番大事なのがゆで方です。
これで美味しさが変わってしまいます。

・大きめの鍋を用意してたっぷりのお湯でゆでます。
目安はパスタ100gで1Lのお湯です。
火加減は強火で。

・塩をたっぷりと入れる
ゆでる時に塩をたっぷりと入れます。
分量はパスタの種類や量によって変わってきますが
思い切りぶち込んでも大丈夫です。

・ゆで時間
パスタの種類によってゆで時間は変わってきます。
パスタの袋に書いてあるゆで時間を参考にして
タイマーできちんと計ってください。

※メーカーによっても違いますので、
いつも食べるパスタならこの時間ゆでたらいいと分かってきます。

市販のミートソースに違いはあるの?

定番中の定番 ミートソース。
ゆでたパスタにかけるだけで、
簡単に美味しいスパゲッティの出来上がりです。

自分でミートソースを作るのが一番なのですが、
まずは市販のミートソースの違いが知りたいです。

そもそも市販のミートソースの味って
メーカーによって違いがあるのでしょうか?

結論からいうとやはり価格が高いものが
美味しいということになります。

100円台で買えるミートソースは
特にコレといった特長がなく
ほんのりと甘い感じのソースです。

私的にはコレで十分です。

ちょいと高めのソースになると
トマトの酸味が主張してきます。
これはこれで美味しいと感じますね。

さらにお値段が高くなってくると
もう好みの問題になってきます。
ソースによって主張しているものが違うからです。

さらにさらにお高いミートソースもあります。
このクラスになると中々手が出しにくいものですね。

なんせ、スパゲッティミートソースというのは
手軽に食べることができ且つ美味しいのがウリですから。

それでも、やはり高価なミートソースにも挑戦してみるべきですね。
食べると違いは一目瞭然です。

うん、値段はただ取らないというのは本当だと確信します。

さいごに

スパゲッティミートソースを紹介しましたが、
パスタ料理にボロネーゼというがありますよね。

見た目はほぼ同じです。
何が違うのでしょう?

パスタ屋さんに行くとボロネーゼはあるけど
ミートソースというメニューはありません。

これはどういうことでしょう?
本場イタリアにはミートソースという
パスタ料理はないということなんでしょうね。


関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加