キレイな肌になるには睡眠、食事、飲み物から

af788cb12466a214d6cd36e1068ecf84_s

美肌になるにはまずは下地作りが大切になってきます。
睡眠、食事、飲み物、運動、入浴、生理、ストレス、自然治癒力など
いろいろな要素が関係してキレイなお肌になることができます。

睡眠 6時間以上の睡眠が美肌を作りには欠かせません

肌は寝ている時に再生します。
肌細胞が再生するためには最低6時間以上の睡眠が必要です。
睡眠が足りないとお肌が荒れやすくなってしまいます。

ならば普段の睡眠不足を週末の寝だめで解消すれば?と思いますが
それはNGです。
毎日の睡眠でお肌の再生をしていかないと美肌にはなれません。

食事 温野菜でビタミンを摂り美肌に

生野菜だけではビタミン不足になってしまいます。
温野菜もしっかりと摂ることにより必要なビタミンを摂取することができます。

1日に野菜を摂る良の目安ですが、300gが良いとされています。

冷凍の野菜を利用することもおすすめします。
レンジで温めるだけでいいのでとても気軽に野菜を摂ることができます。

食事 和食のすすめ

美肌を作るのには和食がおすすめです。
和食は一度の食事でいろいろな食材を摂ることができます。
欧米食に比べて油分が少ないのでカロリーを抑えることができますし、
ニキビなどもできにくくなります。

飲み物 水分の摂り過ぎに注意

1日2Lの水を飲めと言われていますが、
水分の摂り過ぎは体に良くないです。

水分をいくら摂っても、肌がうるおったり体内の毒素が排出されることはありません。
余分な水分は尿で排出されるだけです。

ただ、水分を飲み過ぎると排出が追いつかなくなり体内にとどまった水分が
むくみや冷え性の原因になります。

1日何リットル飲まないといけないということはないので、
水分ガブ飲みは絶対に止めましょう。

飲み物 ノンカフェインの温かいものを

冷たい飲み物は肌荒れの元になります。
おすすめはノンカフェインの温かい飲み物です。

夏でも温かい飲み物を少量ずつ飲むと
冷えや飲み過ぎを防ぐことができます。

また、カフェインの摂り過ぎも肌に良くありません。
1日1~2杯まで抑えておいた方がいいです。

カフェインを含まない健康茶やハーブティーがおすすめです。

まとめ

美肌作りには睡眠、食事、飲み物などに気を配り、
健康な体になることが大事です。
下地をしっかりと作ることが美肌への一歩になります。


関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク