スーパーフードって何? どれがいいのか調べてみた

9530ebab06f1375e7fe29c1ea0ed38f7_s

健康系の記事でよく目にするのが「スーパーフード」
字の感じからすると何か凄い食物っていうことだと思いますが、
実際には何をスーパーフードというのでしょうね。

またスーパーフードにはどんなものがあり、
どのような効果があるのかを調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スーパーフードとは?

スーパーフードというのは特定の食品ではなくて
普通の食品よりビタミン、ミネラル、アミノ酸などの
栄養素や健康成分がたくさん含まれている食品です。

定義としては
・普通の食品よりも栄養価が高い
・料理の素材や健康食品として使われる
・スーパーフードが産まれたアメリカで認知されている
・昔から人々の健康に役立ってきたもので、安心して食することができる

押さえておきたいスーパーフードは?

チアシード
チアシードはシソ科サルビア属、ミントの一種の植物であるチアの種子。
水分を含むと10倍に膨らむことから満腹感を得やすいので
ダイエット食品として人気があります。

ヘンプ(麻の実)
消化しやすい高純度のタンパク質が多く含まれていて、低刺激でアレルギーになりにくい。

ココナッツ
ココナッツに含まれている中鎖脂肪酸はエネルギー代謝が優れているので
ダイエットに効果があります。
抗菌や抗ウイルスにも効果があり、美容やデトックス効果も期待できます。

カムカム
ビタミンCを世界一多く含む植物。
免疫強化、視力保護、抗ウイルス、抗炎症効果などが期待できます。

アサイー
ブラジルで昔から食されています。
ポリフェノールが豊富なので、活性酸素を除去してくれる効果があります。
また、抗がん作用もあるという研究発表もあり、注目の食品です。

カカオ
チョコレートやココアの原料として知られています。
カカオポリフェノールが含まれていて、老化や病気を防ぐ効果があります。
また気分を高めるトリプトファンも含まれているので、精神的に安定する効果があります。

クコの実(ゴジベリー)
中国やチベットで昔から薬として用いられてきました。
抗酸化力が強く、老化防止効果があります。
クコの実の生息地では100歳以上の元気な人が多くいるそうです。

ブロッコリースプラウト
ブロッコリーの新芽です。
ブロッコリースプラウトには注目の成分スルフォラファンが含まれています。
肝臓にもいいし、がん予防としても注目されています。

スピルリナ
30億年も前から存在している藻の一種。
体に吸収しやすいたんぱく質(8種類の必須アミノ酸)を含んでいます。

マカ
ペルーなどが原産の植物。
男性の精力剤として有名ですが、女性の冷え性対策にも効果があります。
ホルモンバランスを整える効果もあるので、生理不順、更年期障害、不妊治療にも使われます。

ビーポーレン
ミツバチの酵素で固めた花粉をフリーズドライしたもの。
自然界における最も完璧なスーパーフードという声もあります。
体力・持久力のアップや美肌効果が期待できます。

マキベリー
アメリカでネクストアサイーとして注目されています。
ポリフェノールの量がアサイーの6倍あります。

キヌア
アンデス地方原産ヒユ科の雑穀。
グルテンフリー食材として注目されています。

さいごに

スーパーフードって意外にたくさんあるんですね。
今回紹介したのは一部で、他にもまだスーパーフードと言われているものはあります。
とりあえず体には良さそうなので、積極的に摂取したいです。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加