3ポイントシュートとかバスケットボールルールの確認

adf8553620f8e7cefdafbb532e7b226a_s

Bリーグというバスケットボールのプロリーグが開幕しました。
テレビで放送していたので、何気に観ていたのですが、
試合展開がスピーディで結構面白かったです。

バスケットボールは昔学生の頃に体育の時間でやったぐらいで
ちゃんとしたルールが分かっていません。

テレビの放送で再三いっていた3ポイントシュートなど、
一度バスケットボールのルールを確認したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バスケットボール ルールを簡単に

ゲームの時間
10分のクォーター(ピリオド)を4回。
各クォーター間に、数分間のインターバルがある。

第4クォーターが終了しても同点の場合は5分の延長戦。
この延長戦でも同点の場合は再延長戦。
これでも決着がつかない時は再々延長・・・と決着が付くまで続く。

ゲームの基本
各チーム5人。
ジャンパーがジャンプボールでタップした時からゲームスタート。
第1第2と第3第4クォーターで攻めるバスケットが変わる。

ボールの扱い方
ボールは手で扱う。

・パス(味方にボールを渡こと)
・ドリブル(ボールをコートにつくこと)
ボールを持ったまま3歩以上歩いてはいけない。
・シュート(バスケットに向けてボールを投げること)

得点
スリーポイントラインの外側からのゴールは3点
スリーポイントラインの内側からのゴールは2点
フリースローのゴールは1点

バイオレーション

バイオレーションというのはファウル以外の禁止行為のこと。

3秒ルール
攻撃しているチームが相手チームのバスケット下の制限区域内に3秒以上
とどまると3秒ルールのバイオレーション。

5秒ルール
スローインでパスを出すまでに5秒以上かかる。
フリースローで審判からボールを受け取ってから5秒以内にシュートをしない。
ボールをキープしている時に相手チームのディフェンスにより、
パスもドリブルもできないで5秒以上経過。

8秒ルール
ボールをバックコートで所有しているチームは、
ボールを取った時から8秒以内にボールをフロントコートに入れないといけない。

24秒ルール
攻撃しているチームはボールを取った時から、24秒以内にシュートを打たなければいけない。

トラベリング
ボールを持ったまま3歩以上歩く。

ダブルドリブル
ドリブルを終えた後に最度ドリブルをすること。

キックボール
ボールを蹴ったり、足で止めること。

アウト・オブ・バウンズ
ボールがコート外に出たり、バックボードの裏や支柱などに当たったりすること。

バックコート・バイオレーション
攻めている側のチームが、一度フロントコートに入ってから、
バックコートにパスやドリブルでボールを戻すこと。

ゴール・テンディング
シュートしたボールに触れること。

インターフェア
シュートされたボールがリングの上にある時に、リング/ネット/バックボードに触れた場合。

3ポイントシュート

3pointarea

青い部分がスリーポイントエリア

3ポイントエリアからのシュートが成功すると3点。
ラインを踏んでシュートすると3ポイントシュートとは認められず、2ポイントシュート。
シュート後にラインを踏んだり、2ポイントエリアに着地するのはOK。

3ポイントシュート中にファウルを受けた場合、シュート不成功の場合はフリースロー3ショット。
シュートが成功した場合は3点が認められフリースロー1ショット。

さいごに

3ポイントシュートとかバスケットボールの基本ルール。
大まかですが、分かりました。

Bリーグが始まったことだし、バスケットボールの試合を目にする機会が増えそうですね。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加