将棋でダイエットできる?

314770458f17327e2724f90d36ebe849_s

藤井四段の連勝記録が止まりません。
もしかしたらこのまま永久に勝ちづづけるのか?
そんな気さえするくらいの勢いですね。

将棋はものすごく頭(脳)を使うので、
1局を真剣に指すと体重が2キロくらいは
減るといいます。

これが本当なら、将棋をするだけで
ダイエットできる事になるのですが・・・。

実際プロ棋士は1局の対局で1~2キロは
体重が減るといいます。

でもこれは一般の人と脳の使い方が違うからで、
素人の私達が将棋を指したくらいではダイエットは
難しいといえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

将棋を指しただけではダイエットできない

将棋はずっと座っている競技です。
つまり体は動かさずに脳をフル回転させていることになります。

脳を最大限に使って将棋を指すので、
そのエネルギー消費により、体重は減るのですが、
それは一時的なものになります。

プロの棋士でも対局後は体重が減りますが、
すぐに通常の体重に戻ります。

つまり、将棋でダイットというのは
ちょっと無理な感じですね。

将棋でダイエットできれば
こんな良いことはないのですが、
やはりダイエットは基本通りに
運動とカロリー管理で。

さいごに

藤井四段は何故あんなに強いのか?
強さの秘密について書いてある記事を読みました。

なるほどと思ったのが若さ。
人間というのは歳を重ねるにつれて、
どんどんと臆病になっていくものです。

それは経験を積むことにより
自然と危険なことを回避できるように
脳にインプットされる仕組みになっているからです。

若いということは怖い体験をした事がない。
普通の考えならば、自身の王将に敵駒が近づいてくれば
無意識に恐怖を持ってしまい、防護中心の考えになり、
思い切った手を指せなくなります。

その点、若い藤井四段はピンチになっても
臆することなく、大胆な手を指して
相手を動揺させることができる。

これが強さの秘密だと。

なるほど、なるほど。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加