目玉焼き丼に究極はない

IMG_3080

丼に目玉焼きを乗せて、醤油をぶっかけてかっ込む。
それが目玉焼き丼です。

そんな単純な料理が何故ここまで人の心を鷲掴みにするのでしょう?

答えは簡単に見つからないとは思いますが、
究極に美味しいのは間違いないところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目玉焼き丼の作り方

・目玉焼きを作る。
卵は1個が普通だそうですが、
私は時に2個使います。
その方が豪華な感じがしますよね。
白身が固まったらOK。黄身は生でよし。
塩とコショウで軽く味を付けます。

・ごはんにのせる
目玉焼きをごはんの上にのせます。

・醤油をぶっかける
このぶっかけるのが大事な所で、
チョロチョロではなく思い切りぶっかけてやりましょう。

これで目玉焼き丼の完成です。

目玉焼き丼の食べ方

黄身をつぶしてごはんに絡めて食べます。
後は一心不乱にひたすら口にぶっこむだけです。

至福の時ですね。
朝の目玉焼き丼は一日の活力になりますね。

さいごに

朝食はごはん派です。
卵、納豆、味噌汁、漬物があれば十分です。
豪華に焼鮭などもいいのですが、
私には贅沢ですね。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加