紫外線対策 これだけはやっておきたい基礎とは?

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s

これからの時期、お肌の守るためにも紫外線対策は大事になってきます。
美肌の大敵である紫外線対策の基礎を紹介します。

紫外線は目に見えないので無意識のうちに浴びてしまっています。
完全に守るのは無理だとしても紫外線のダメージは最小に抑えたいですね。

紫外線が多いのは夏だけではない

紫外線と聞くと夏のイメージがありますが、
実は紫外線が多いのは夏だけではありません。
5月から9月にかけて特に多いと言われています。
夏になる前からしっかりと紫外線対策をしておきましょう。

紫外線対策の基礎

・紫外線の強い時間帯(午前10時~午後2時)を避ける。
1日の紫外線量のうちこの時間帯だけで半分が降り注ぎます。

・日陰に入る
日陰に入っても紫外線はありますが約半分の量になります。
屋内で約10%です。

・日傘や帽子の使用
日傘や帽子で太陽からの直接の紫外線を防ぎます。
でも大気にいる紫外線は防ぐことはできません。

・衣服や小物で工夫する
濃い目の色で目が細かいものが良いそうです。
でも通気性や吸収性が良い物を選んでください。
そして真夏であっても必ず長袖を。

・サングラス
UVカット効果のあるサングラスを選んでください。
紫外線カットが不十分だとかえって多くの紫外線を浴びることになってしまいます。

・日焼け止め
日焼け止めは自分の肌にあった種類や数値のものを使用しないと、肌への負担が大きくなってしまいます。
また「顔用」と「からだ用」を確認してから使用してください。
顔用の方が低刺激に作れているので、「からだ用」を「顔用」には使用しないでください。

まとめ

紫外線対策はそんなに難しく考えるほどではありません。
基本的なことを理解して習慣化すれば大丈夫です。

10年先に後悔しないように、今からでも頑張りましょうね。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク