ランドセルの素材はどれを選ぶ? 牛革 コードバン クラリーノ

d493108310e383fe59ee6e2b21766707_s

2018年入学の子供さんのランドセル、早くも発売が始まっています。
人気のモデルは早くに売り切れてしまうので、
気になるランドセルがあれば早めに購入した方がいいですね。

ランドセル選びで悩むのが素材。
牛革、コードバン、クラリーノとありますが、
どれにしようか考えてしまいます。

それぞれ特徴がありますので、
それを理解した上で選びたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

牛革 ランドセルの特徴

牛革は使うほどに味が出てきます。
価格は少し上がりますが、それに見合う品質の物が多いです。

特徴
・使えば使うほど牛革独特の味や風合いが出てくる。
・とにかく丈夫。少々乱暴に扱っても傷がつきにくい。

6年間毎日使うものなので、とにかく丈夫で長持ちというのは嬉しいですね。

デメリット
・水に弱い

牛革のランドセルは少々水に弱いです。
もちろん防水加工はされていますが、それでもマメに手入れをしたいです。
乾拭きだけではなく、専用のクリームでメンテナンスをしたいところです。

その手間さえ惜しまなければ、6年間ずっと品質を保った状態で使うことができます。

コードバン ランドセルの特徴

コードバンは馬のお尻の皮から取れる貴重な天然皮革です。
その分、価格は上がりますがとにかく美しいのが特徴です。

一生に一度の買い物なので、コードバンのランドセルを
選択するのもありです。

特徴
・牛革よりも滑らかで美しい質感。
メンテナンスをしっかりとすれば独特の風合いが出て、
6年間の小学生生活をサポートしてくれます。

デメリット
・牛革よりも重い。
小さな1年生が背負うのはちょっとしんどいかも。
購入の際には店頭である程度の物を入れて試してみる必要があります。

・水に弱い
牛革と同じく水に弱い。
コードバンのランドセルも雨に濡れたらすぐに拭き取る。
定期的に専用クリームでメンテナンスをする。

クラリーノ ランドセルの特徴

ランドセルといえばクラリーノというくらい
定番になっています。

牛革にかわってクラリーノがランドセルの定番に
なっているのにはどんな理由があるのでしょうか。

特徴
・軽量
・型崩れがしにくい
・牛革やコードバンのような手入れは不必要

何より軽量というのが一番支持されている理由です。
6年間毎日背負うものなので、体の負担を軽減するということでは
軽いクラリーノを選ぶのは至極当然な流れです。

また、牛革などのようにメンテナンスをあまりしなくてもいいのも
嬉しいところです。

デメリット
・耐久性が劣る
牛革などと比べるとはっきりと違いが出てきます。

質感もそうですが、使い込むんでも風合いは出てこない
のもクラリーノのデメリットになるかも。

それでも軽いということは何よりも優先される。
だから一番人気がある素材だといえます。

さいごに

ランドセルの素材
牛革、コードバン、クラリーノと
素材の違いや特徴を比べてみました。

背負うのはお子様なので、
本人が気に入ったものを選ぶというが一番かもしれません。

素材、価格などを考慮してベストな選択をしたいものですね。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加