焼き梅干し 作り方

%e7%84%bc%e3%81%8d%e6%a2%85%e5%b9%b2%e3%81%971

テレビで紹介されていたのですが、梅干しは焼くと良いらしいです。
何がいいのかというと熱を加えることでバニリンという成分がいい働きをしてくれて、
脂肪燃焼を促進してくれるとか。

短期間でダイエット効果があるということです。
梅干しは普段から食べています。
それに熱を加えるだけでいいので、早速やってみました。

後日、何か変化があればまた報告したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

焼き梅干しの作り方

焼き梅干しの作り方ですが、今回はレンジでチンするだけです。

1.お皿に梅干しを並べます。(私の場合は9個)

%e7%84%bc%e3%81%8d%e6%a2%85%e5%b9%b2%e3%81%973
2.ラップをかけます(ゆるめに)

%e7%84%bc%e3%81%8d%e6%a2%85%e5%b9%b2%e3%81%972
3.電子レンジで温めます。
※500wで1分。家のレンジは600wなので、50秒にしました。

%e7%84%bc%e3%81%8d%e6%a2%85%e5%b9%b2%e3%81%971

出来上がりは見た目全然変わりませんが、しっかりと温まってました。
味も特に変わりませんね。温かい梅干しというだけです。

量は1日3個まで、それ以上は塩分の摂り過ぎになります。
※1日1個でもいいので続けることが大事です
作り置きができるので、一度に作って冷蔵庫に保存しておきます。

焼き梅干しを焼いて作る

焼き梅干しはその名のとおり焼いて作る方法もあります。
アルミホイルに梅干しを軽く包んで、オーブントースターで焼きます。
焼き時間は10分~20分くらいで、黒焦げにならないように調節してください。

焼き梅干しの効果

焼き梅干しの効果としてダイエットがあげられますが、
他にも様々な効果が期待できます。

梅干しに含まれるクエン酸により、筋肉が柔らかくなって肩こりや腰痛が緩和される
腸内環境がよくなり便秘の解消になる
視力回復などの効果もあると言われています。

昔は薬として食されていた梅干し。
熱を加えることで更なる効果がきたいできます。

コレは食べないと損ですよね。

さいごに

焼き梅干しに使う梅ですが、ある程度の大きさの方が良さそうです。(直径2センチ以上)
私は南高梅のはちみつ漬けが好きなのですが、しそ漬けの方が効果がありそうです。

梅干しを1日に1個か2個食べるだけで、ダイエットできるって嬉しいですね。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加