体がダル重なのは運動不足が原因かも?

2d04e1fec4eefff10f308d73798a6405_s

いつも体がだるくて寝ても疲れが取れない・・・。
もしかしたら運動不足が原因かもしれません。
運動したら逆に疲れるのではと思いますが、
実は適度な運動は血行がよくなり、体内の老廃物を排出し
新陳代謝が向上するために体の調子が良くなります。

運動不足の人でも簡単に疲れが取れる方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

運動不足は疲れる

運動不足により体が疲れる原因は。
筋肉というのは使われることで太く強くなります。
運動不足だと筋肉を使われることが少なくなるので、
筋肉が細く弱くなってしまいます。

筋肉は血液を全身に流すポンプの役割もしているので、
運動不足で筋肉を使っていないと、全身に血液が回りにくくなってしまいます。
そのため老廃物が滞りがちになり、体調不良や疲れやすくなってしまいます。

運動不足によるダル重さを簡単にとるには

運動不足によるだるさを改善するには
全身でぐっとのびをすることです。
筋肉の緊張をほぐすことで血行がよくなり、だる重さを改善することができます。

デスクワークをしている人は1時間に1度はのびをする習慣をつけてください。

運動不足を解消するには
普段からエスカレーターを使わずに階段を使う、通勤時に1駅手前で降りて歩くなど、
日常生活の中で自然に運動を取り入れるようにしてください。

ストレッチも効果があります。
気持ちよく体を伸ばすことでストレス解消にもなります。

適度な運動は快眠につながります。
生活習慣を見直して疲れにくい体質改善を目指したいですね。

さいごに

軽いストレッチや運動によって体のダル重さが改善できるなら、
これはやらないと損ですね。

普段のちょっとした心がけで体のだる重さから解放され
快適な毎日を過ごせるように。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加